slow flow like the Tingala.....

  いわゆる、でぶろぐです
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
twitter
tidakidsをフォローしましょう fumi_tidakidsをフォローしましょう
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
親ばかで夫ばか
次女はすくすくというか、ぐんぐん成長し、
先日1歳の誕生日を迎えました。

長女はもうすぐ8歳の誕生日を迎えます。

ということで今日は桃の節句を家族で祝います。

・・・

妻はブログに、次女の子育ては楽チンだと表現しています。
たしかにそういう面もあるとは感じますが、
実際のところ大変なのも事実です。
特に元祖イクメンだったフリーターだった僕が
今はお仕事やら何やらで、次女は妻に任せっきりです。

そんなこんなで、感謝はしておるのです。

・・・

父親になって8年ですか、あっという間でした。
子育ての大変さもあるし喜びもあります。
多くの人が言うのと同じですね。

この8年でいろんな変化がありました。
子どもが産まれた、てぃ〜だの家の活動、僕の就職、親のこと。

子は成長し続けていますが、自分はどうなんでしょう。
僕自身、微々たる歩みでも、成長はしていきたいと願います。

・・・

そして突然ですが、今日の日記をもって
「でぶろぐ」は基本的には休もうと思います。

ブログの良さは確かにありますが、今現在の僕には
ツイッターのほうが発信しやすいです。
登録せずにスーミーしてくださっている方もいるようです。
登録せずにスーミーするには右上の2匹の鳥をクリックです。

このブログに訪問してくださった皆様、コメント下さった皆様、
まっこと、ありがとうございました。

そんなこんなで
桃の節句の本日、でぶろぐ、卒業します。

Debu
ランタン
しばらく前、長女が小学校から帰ってきて
図工の時間に首里城の祭りのキャンドルナイトの
絵を描いてきた。と言ってきた。

ちょっと意味がわからなかったが、よくよく聞くと
ろうそくのランタンを作ったようだった。

それが点灯されると聞いて行ってきた。

実は、さほど期待していなかった。

しかぁーし、見事だった。キレイだった。

真夏の奈良の燈火会も綺麗だったけど、暑くて、広範囲で・・・

それがこの首里城では、適度に涼しく、適度にまとまっており、
実に良かった。クリスマスイルミネーションより、ずっと良かった。





肝心の長女たち小学校のランタンは



これまた1人1人の将来の夢なんかも描かれていて、
とてもとても良かった。長女はケーキ屋さん。

炎がゆらゆら揺れ、光も妖しげに揺れる。幻想的。

そして守礼門前では旗頭も見た。



当蔵からサァーサァーサァーサァーとやって来て、演舞して、帰っていった。
風もけっこうあったのに、見事だった。

夜の首里城祭も最高。

Debu


切り替え
長女の変化が著しい。(いまのところ)
1学期、学校イヤ、勉強イヤ、なんだ、かんだ、
そればっかしだった。

それが今週から始まった2学期、切り替わった。気がする。
学校が楽しいらしい。
授業も楽しいらしい。

人生を楽しんでいる。
いまのところ、そう見える。



先日、職場に遊びに来てホワイトボードに作文を書いていた。

父ちゃんは別に勉強は好きにならなくてもいいから、
とにかく毎日を楽しく生きてほしい。

Debu
差し歯
末吉の森上空を、おびただしい数のサシバが舞っていた。

あんまり写ってないけど。



あんまり写ってないけど、本当にすんごい数でした。

キーィ、ウィーィ、とちゃんと鳴いてくれました。

そういえば、まだ映画wataridoriを見ていません。

僕も空を飛べたならな。

Debu
クングァチクニチ
ちょっと近所に買い物に出かけるとき、
町の重鎮たちがカマを持って「上ノ御嶽」
に入っていくのを見かけた。

上ノ御嶽は、てぃ〜だの家の真裏にある。

あれっ今日は草刈りだっけ?
と思ってすぐに買い物から帰って
カマを持って僕も行ってみた。

あんた、ちょうどいいところに来たさぁ。
と言われた。

今日は草刈りの日ではなく、
クングァチクニチだと教えてくれた。

メンバーをよく見ると、現自治会長、前自治会長、前々自治会長、
地域の歴史を知り尽くしているAさん、若手のBさんとCさん、
そうそうたるメンバーだ。

なんでも、クングァチクニチとは旧暦9月9日に
男性のみで神さまに地域の人の健康、安全、繁栄を祈願したり
また感謝する日だとか。

僕が行ったのはちょうど御願が終わったときだった。

その後、下ノ御嶽にも行くというからついていった。





歴史を知り尽くすAさんが次から次へと御嶽の由来や
植えられている植物1つ1つの意味などを解説してくれた。

お供え物で確認できたのは、のーまんじゅうとお酒、お米など。

現自治会長のもと、全員で御願して、お酒をまわし飲みした。

地域の神事?に参加したのは初めてだったので
少し厳かな気分になった。

こうやって今でも、那覇市であっても、
ひっそりと行われている神事に感慨深くなったし、
不思議と感謝の気持ちが湧いてきた。

Debu
生老病死
近所のおじいが亡くなった。
このブログでも何度か紹介したおじい。
昔のてぃ〜だの家の頃から何かとおつきあいがあった。
今のてぃ〜だの家を借りるきっかけとなってくれた。
いろんな話し、戦前の様子、戦中のこと、戦後のこと、
たくさん聞かせてくれた。
また耳切りぼーじもよく唄ってくれた。

とても悲しい。

おじいを知っている方は妻のブログもどうぞ読んでください。

生老病死。
人として当たり前のように立ち向かわなければいけない現実。

合掌。




Debu

未来なオヤジな公開講座
職場関係のお知らせが続きます。

工房地球のかけらを主催している未来のオヤジさんが
本学公開講座を担当します!

大学サイトはこちら

まぁ大学っぽい様式や表現になっています。

でもご自身のブログのほうが想いが伝わっているので
こちらを要確認

ナイフを持って学校へ行こう!だって。
いい表現だなぁ。

おっと、肝心の申し込み方法はこちらなんだけど
締切が迫っていますし、定員もありますので
お申し込みはお早めにお願いします。

こちら ばっかりのリンクですみませんでした・・・

Debu


美術な先生のシンポジウム
ブログを書いていると、日常に戻った感じ。
8月はキャンプやその他、何かと多忙で
文字通り、心が失われていたような気もする。

ということで、告知です。

美術の先生は何を考えているのか
--美術な先生が美術教育を話すシンポジウム--

9月19日(日)15:00-18:30
沖縄キリスト教学院 仲里朝章記念チャペル

以前に僕も参加したシンポジウムの第2弾です。

詳細はこちらにて

Debu

再びあの場所へ
15年ぶりに宮城県のとあるキャンプ場に行ってきました。
そこは僕が大学3年から大学院3年までの5年間、
毎年夏に30-40日もキャンプをしていた場所です。

奈良で産まれ育ちましたが、この場所でも濃密な育ちを経験し、
今現在の思考や考え方、また仕事や生き方が、
かなりの部分ここで育ったと言っても過言ではありません。

・・・

仕事としては関東の某大学のキャンプ実習でした。

沖縄の職場での女子学生とは全く異なる
体育会系ばりばりの学生たちとのキャンプは
これまた面白いものでした。





学生が獲ったイワナとヤマメ。
学生たちは大興奮でした。



水晶。持って帰りたかったけど、石が大きくて・・・

登山や沢遊びなど、体育会系とは言え慣れない環境の中で
自然を楽しんでいました。
僕自身、懐かしさと楽しさいっぱいで過ごすことができました。

お土産にはクルミを持って帰りました。
てぃ〜だの家の玄関脇においてあります。



東北は少しだけ、秋の気配がありました。



Debu
貝は大きくなっていく
伊是名島に今年もキャンプに行ってきました。

毎年同じように迎えてくれる海や空、そして伊是名の風は
ほんとうに安らぎと嬉しさを与えてくれます。



写真技術が足らないので残念ですが、海に沈みゆく月が
海上に黄金の路をひいてくれます。
夜中に目を覚ましたときには、思わず感嘆の声が出ました。
この月が沈んだ後に空を見上げると天の河に満天の星。

那覇と伊是名、わずかな距離の違いで産まれるこの風景は、
そして僕の心に沸いてくる気持ちの違いは何なのでしょうか。

・・・

僕が沖縄に来たとき、たしかお腹の中にいた現中1のYOっちは
てぃ〜だキッズきっての貝マニアなのですが、
年齢を重ねるごとに捕獲する貝の大きさも大きくなり、
満足そうに焼いておりました。



そんな時間に寄り添えることも、僕自身嬉しいことなのです。

子どもたちとキャンプするのは、おもしろいことなのです。

また来年も行けますように。

Debu