slow flow like the Tingala.....

  いわゆる、でぶろぐです
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
twitter
tidakidsをフォローしましょう fumi_tidakidsをフォローしましょう
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
貝は大きくなっていく
伊是名島に今年もキャンプに行ってきました。

毎年同じように迎えてくれる海や空、そして伊是名の風は
ほんとうに安らぎと嬉しさを与えてくれます。



写真技術が足らないので残念ですが、海に沈みゆく月が
海上に黄金の路をひいてくれます。
夜中に目を覚ましたときには、思わず感嘆の声が出ました。
この月が沈んだ後に空を見上げると天の河に満天の星。

那覇と伊是名、わずかな距離の違いで産まれるこの風景は、
そして僕の心に沸いてくる気持ちの違いは何なのでしょうか。

・・・

僕が沖縄に来たとき、たしかお腹の中にいた現中1のYOっちは
てぃ〜だキッズきっての貝マニアなのですが、
年齢を重ねるごとに捕獲する貝の大きさも大きくなり、
満足そうに焼いておりました。



そんな時間に寄り添えることも、僕自身嬉しいことなのです。

子どもたちとキャンプするのは、おもしろいことなのです。

また来年も行けますように。

Debu


今年も来たよ
伊是名島にキャンプに行ってきました。

娘も夏休みに入ってからずっとずっと楽しみにしていて、
また僕らももう10年ほど通っている大好きな島です。

娘の夏休みの「がんばりノート」の半分くらいは
伊是名島でのキャンプに関する絵日記でした。

なので絵日記風に・・・

初日。運天港からフェリーに乗って島に着きました。
それからデブちゃん号でキャンプ場に行きました。
テントをたてたりしてから夕飯を食べました。
真っ暗になってから海辺の散歩をしました。
砂浜にヤドカリがひゃくまんびきぐらい(娘の表現)いました。
それから潮が引いた海を歩きました。カニとかいろいろいました。
それから寝っ転がって流れ星をいっぱい見たけれど、
どれも速すぎて願い事は言えませんでした。
帰る途中で、フクロウかミミズクを見ました。
疲れたので寝ました。

朝起きてみたら、ハエがいっぱいいました。
食事の時に必ず集まってきたので大変でした。
島の神さまにごあいさつに行きました。
それから泳ぎました。いろんな魚やウニ、なまこなんかがいました。
タツノオトシゴもいました。捕まえると、指にしっぽを
絡ませて捉まろうとしたので、少しびっくりしました。



お昼を食べてまた泳ぎました。たっぷり泳ぎました。
防波堤から飛び込みました。最初は恐かったけど、
あとで楽しかったです(娘の表現)。



疲れたので寝ました。

また起きてハエがいっぱいでした。
朝の最初に、ずっとずっと沖まで泳いでいきました。
船が通る道の深く青くなっているところまで行きました。
少し疲れたので、海から上がりました。
女の子はハンモックやブランコをして、男の子は貝採りに行きました。



男の子は貝パーティーをしました。
いろんな貝を焼いて、醤油を少し入れたりしておいしかったです。
△の形の大きな貝が一番おいしかったです。



お昼からは違う場所に泳ぎに行きました。
魚とサンゴがいっぱいいました。
ちっちゃいクマノミがかわいかったです。
夕方はまた飛び込みをしました。
夜はマシュマロパーティーをしました。



たくさんたくさん遊んで、とっても楽しかったです。
また来年も来たいです。



Debu
川遊び
(遅れての日記です)

てぃ〜だキッズは川遊びに行ってきました。
海は海で楽しさがあるけれど、
夏の川はまた特別の楽しさがあります。

なんと言っても涼しい。気持ちいい。



浅瀬でカッパの川流れをしたり、
淵ではクロールをしたり、
河原で戯れたり、



誰かがつけたであろうブランコもあったりして、



今日は年中のちびっ子さんたちも行きました。
初めてライフジャケットを着けて浮かぶときの顔・・・

本当はもっともっと何回も連れて行ってあげたいんだけど、
なかなか日が取れず、ごめんなさい。

また行こうね。

Debu
台風前
てぃ〜だキッズは海に行ってきました。

台風接近で風がとっても強かったのですが、
大潮の干潮、潮だまりや洞窟などで遊んできました。



干上がったところを歩くと、いろんな生き物が見れておもしろいです。
あっちの潮だまり、こっちの潮だまり、潮だまりのはしごです。


写してきた写真を見ると、つくづく沖縄の色は綺麗だなと思います。
鮮やかに主張があるっていう感じでしょうか、


近くのダイビングスポットが遊泳禁止になっていたので
たくさんのダイバーがこちらの海にも来ていました。
いろいろ理由はあるんだろうけど、
ウェットスーツから三点セットのフル装備で団体で来られると、
ショッカーがやってきたみたいと妻は言っていました。



Debu
伊是名ジマ
伊是名島にキャンプに行きました。
たしか1999から連続して夏はキャンプしています。
娘はお腹の中にいるときから皆勤賞です。

僕自身も子どもたちも、たぶん一番びっくりしたのは



なんとウミガメの孵化に出会うことができました。

例のごとく夕食後、子どもたちが焚き火をしているとき
yoっちが「デブちゃん、カメいるよー」なんて言うから
「えー、うっそでしょうー」なんて答えたら、
本当に仔亀を1匹、手にしていました。

びっくりして行ってみると、いるわいるわ・・・・
足の踏み場もないくらいの仔亀がいました。
総勢、大興奮!!!!僕もびっくりです。
陸に向かうカメたちを捕まえ、海に放してやりました。
また伊是名の海に還ってきてねー。

日々、

海で泳いだり、防波堤から飛び込んだり、釣りをしたり





洗濯したり



実はこのタライの洗濯は実験でした。
子どもにタライを渡して洗濯させたら
洗濯機のようにぐるぐるかき混ぜると聞いていたので
わざわざ持って行ってみました。

てぃ〜だキッズは正しく洗濯してくれました。



それからウニももらいました。泳いでいた人がくれたそうです。
これを大人4人で1時間もかけて身を取り出し、
寿司にして食べました。

それから映画の撮影が行われていました。



ウミヘビも誤って捕獲してしまいました。



・・・

伊是名は風の島、とよく言われますが、本当です。
キャンプ中、ずっとずっと海から風がながれ、
ほとんど暑さを感じず過ごすことができました。
最終日朝に雨がぱらっと降ったぐらいで、天気にも恵まれました。



心地よく、そしてたっぷりと遊ぶことができました。

いつか夏休み1ヶ月くらい、この島で子どもも大人もたっぷり
てぃ〜だのキャンプをしたいと思います。

Debu
いちゃりばちょうーでー
いちゃりばちょうーでー(行き逢えば皆兄弟)。
もちろんそういう人も多いが、必ずしも何回会っても
兄弟どころか、苦手な人もいる。
大人の世界は現実として、複雑だから仕方がない。

でも子どもたちは、きっとそうである。

久しぶりに、てぃ〜だキッズで沢遊びに行った。

行き帰り子どもたちを乗せて、その様子をずっと観察していた。
ほとんどが初対面。最初は互いに話さない。
しばらくして数人ずつが話し出す。その後はみんなで話し出す。
そして遊びだし、暴れだし、僕に怒られる。

そして沢でいっぱい一緒に遊ぶ。

帰りの車中はずっとうるさい。けんかも始まる。

でもそんな様子を見ていて、いいなぁと思う。

言いたいことを何の気兼ねもなく計算もなく言い合えるのは
いつの年頃までなんだろうか・・・

・・・

以前、てぃ〜だの子どもを何人か連れて歩いていたとき、
見知らぬおばさんに「あんたの子どもねぇ?」と聞かれた。
子どもらは「あんたがた、兄弟ねぇ?」と聞かれていた。

そういえば、てぃ〜だキッズはみんな太陽の子であるならば
兄弟であることも、当たり前なのか・・・

大いに今を楽しんでほしいと思う。

Debu
クリスマスコンサート
てぃ〜だキッズはキリ短のチャペルをお借りして
クリスマスコンサートを催しました。



ライアの演奏会です。

古代ギリシャの竪琴を原型とし、

現代ポピュラーなライアは1900年代にドイツで生まれたものだそうです。

急遽、娘も演奏(と言ってもポロンポロン程度)することになり
衣装も着て、リハーサルにも出て、それなりだったのですが

本番直前、やっぱりでません!
よくある話です。度胸がないことが最近わかってきました。

ーーー
第1部は「きよしこのよる」「もろびとこぞりて」など
お馴染みの曲を子どもたちが演奏し、

第2部は「バッハのクリスマスオラトリオよりコラール」
って、僕には意味が分からないけど、たぶんようするに
バッハのクリスマスの曲をドイツ語の朗読に合わせて
スタッフが演奏しました。

雰囲気的にも、音の反響も、うちのチャペルはいいです。

しばし厳かなクリスマスの時を過ごすことができました。

ーーー
メリー・クリスマス。

Debu


たまにはいいかも
今日は今年度初となるてぃ〜だキッズがありました。
僕が4月からちゃんと働きだしたので?
土日を利用した定期の活動はずっと休んでいます。
夏休みはいくつか計画を立てました。その第1弾です。

早朝6時30分に集合して、末吉の森を散歩しました。

台風の影響で、森は変わり果てたと言えるくらい、
大木が折れてしまって、スッキリしてしまいました。
気のせいか、出合う虫も少ないような・・・
その代わり、蚊は人の周りを何十匹と飛び交い、
血を吸ってきます。本当はゆっくり散歩したかったのですが
蚊の攻撃を逃れるように、いつもよりは少し早足で
神社を経由したコースを歩いてきました。



てぃ〜だの家に帰ってからは、まんまん屋ぁ〜スタッフによる
朝カフェです。



上の写真を見ると、ちょっと洒落たレストランの朝食のよう。
1時間ばかり歩いたあと、こういった感じで食事が出されるのは
きっと悪くはないでしょう。

僕は用があったので早めに失礼しましたが、
たまにはこんな朝もいいのではないでしょうか。

Debu
河原と浜辺にて
またキャンプに行ってきました。

昨日は河原で遊んできました。
僕の所用で木を削るテストをしようとしたのですが
子どもたちには石の方が取っつきやすいみたい。
サンドペーパーで柔らかそうな石を削っていくと



カタチもある程度は成形できるし、表面はツルツルになります。

石を削ったり、石を投げたり、石でダム工事をしたり、
せせらぎを聞きながら河原を楽しんできました。

そして今日は海。
ヤドカリ探し、砂遊び、漂着した浮き玉でボール遊び、
波の音を聞きながら、そして初夏のような日射しを浴びながら、
海を楽しんできました。



上の写真は帰る前の1コマ。
時間と空間と仲間があれば、本当に子どもたちは
のびのびと遊びを想像してくれます。
そんなことをまた考えながら帰路につきました。

−−−
今回のキャンプをもって、06年度は終了です。
保護者の皆様には、大きなケガや事故もなく
無事に1年を終えたことをご報告すると共に、
心より感謝申し上げます。

07年度は今までの定期コースを休止しますが
また近い将来に再開できればと願っています。

今後とも、よろしくお願いいたします。

Debu
クロちゃん
今帰仁の海でキャンプをしてきました。
以前から目を付けていた浜辺です。



砂浜の奥に、寝心地の良さそうな場所があったので
そこにテントを張りました。海辺にテントが並ぶといい感じです。

夜は炎を囲んで恒例のマシュマロサンド。

また今回のキャンプは、この浜に着いたときから現れた
野良犬と一緒に1泊しました。クロちゃんと名付けられました。
まだ子犬で、子どもたちと遊ぶのが楽しいようでした。
みんなに抱っこされたり、水を飲まされたり、泳がされたり、
夜になっても帰らず、テントの脇で一緒に眠っていました。

さて今回、帰ってきてから娘がキャンプの絵を描いたのですが、
その絵の中に黒いものがありました。
片方はクロちゃん。確かに生き物らしく描かれています。
で、別の黒いのは何かと尋ねると、「あぶら」と答えました。

昨年から本島の海辺では少し多いように気になっていたのですが、
オイルボールがかなり漂着している場所がありました。
夢中で遊んでいると、気がつけば踏んでいてぞうりが汚れます。
娘にそのオイルボールの話をしたのですが、
海辺を描いた絵にその油が描かれていたのは少し残念です。
汚い海に対して娘はインパクトを持ってしまったのでしょう。

こういった海の汚染、どうしたらいいのでしょうか・・・



それでも自然な成り行きで、みんな泳いでしまうのが常です。
水と油が混ざらないように、子どもと油も混ざりません。
子どもは水と溶け合うのです。



上の写真を見て思うのですが、てぃ〜だキッズの海の写真は
子どもや場所が違っても、いつも同じような光景だなと・・・
海に戯れる子どもたち、変わらないんだなぁと思いました。



浜にはオオゴマダラが優雅に飛んでおりました。

今度は夏に、また行きたいと思います。

Debu