slow flow like the Tingala.....

  いわゆる、でぶろぐです
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
twitter
tidakidsをフォローしましょう fumi_tidakidsをフォローしましょう
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
月食の日
土曜日、ふと釣りをさせたくなり、長女を連れて近くのスポットへ。

まず、ミミズを捕った。まだウチの娘はこういうのを平気で触る。
写真ではわからないが、20匹くらい。



それから少し移動し、竹の棒に糸と針だけを結んで
ミミズに謝り、少しだけちぎって針に刺す。

糸を垂らす。数秒待つと



釣れた。

その繰り返し。

テラピアの入れ食いだった。
さすが外来魚、どん欲だ。

ほとんどは手のひらサイズだが、1匹だけ少し大きかった。





30分くらいで、20匹か30匹くらい釣れた。

長女にとって、釣り上げたのは「ヤシの木かげのおにわ市。」にて
東南植物楽園の釣り堀以来。

僕はただ見てるだけで飽きてきたのだが
長女は更に釣り続ける。

いいかげんしびれを切らし、冷たい飲み物で誘って終えた
みみずさんよ、ありがとう。

すぐ近くにはカメもいた。ウミガメよりあたりまえ小さいが
長女はパクッと噛まれていた。



・・・

夕方、うたの日コンサートに行った。

次女はさすがにステージ前の音量には耐えられず、
ステージから遠く離れて聞いていた。
南こうせつさんの「いもおぅとよ^」とか
「三畳ぅ一間のぉ小さな下宿ぅ」とかをBGMにしていた。

長女はステージ近くで、BEGINで踊っていた。
特に家でBEGINを聞くことはないのだが
娘も結構知っているようで、ノリノリだった。

シートをひろげて老若男女が集まり、
オリオンやお茶を飲みながら唄を聴いたり踊ったり。
野外コンサートとしては、いかにも沖縄らしく感じた。
夕刻に平和が流れていた。現代版のもうあしびか?

広い芝生広場にうちなんちゅが時々何万人と集まるけど、
たぶんこういう集まり方が本来の姿なのではないかと・・・

けっしてシュプレヒコールをあげ、黄色く怒り、
「がんばろー」とか声を張り上げるのは本来の姿とは違うんじゃないかと・・・
そんな集まり方をしなくてもいい日はいつ訪れるのか。

県外出身者として客観的なことを考えていた。

帰りには月食だった。

Debu
コメント
from: なみ   2010/07/04 10:25 PM
 う〜んやっぱりいーねー。はりさんのブログ。
おもしろいです。

わたしはやはり、こういった生活に憧れているのかなぁ。。。

(ごく)最近旅にすごく行きたくなっているなみでした。
from: Debu   2010/07/08 12:44 PM
なみ>

どのへんに反応しての「おもしろい」のかなぁ?

旅はいいぞ。俺のかわりにアラスカに行ってきてくれ!
コメントする