slow flow like the Tingala.....

  いわゆる、でぶろぐです
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
twitter
tidakidsをフォローしましょう fumi_tidakidsをフォローしましょう
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
瀬戸内でわしも考えた
さてさて、国際通りでばったり逢った人から
「出張からお帰りですか」なんて聞かれるから
変なことは書けないなぁと思う今日この頃。

そう、出張の話でも書きますか。

−−−
2日から広島の似島という瀬戸内に浮かぶ島に行って来た。
サンフレッチェ広島のジュニアチームとスクール生のキャンプだ。

サッカー少年のキャンプ?
何をするのかと思われた方、少し背景を書きましょう。

僕たちの分野は「野外教育」や「自然体験活動」などと最近呼ばれる。
昔で言う「野外活動」ではない、と言いたい。

例えば野外活動では「キャンプを」教えるのに対して
野外教育では「キャンプを通して」何かを引き出したり感じてもらう。

その「何か」っていうところは主催者のコンセプトによる。
抽象的だが、典型的なところでは、自主性や協調性を養うとか、
自然に対する感性を育むとか、、、

そして、そのコンセプトやねらい、目的を達せさせるように
キャンプで何をするか、プログラムがデザインされる。

「豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与」
これはJリーグの理念だ。サッカーだけではないのだ。
サンフレッチェ広島も「豊かな人間性育成」を目指し、
ジュニア世代の育成を通してサッカー以外でも地域貢献しようとしている。

「サッカーは1人ではできないスポーツなんですよ」
球団の育成部長の言葉だ。

サッカーとは一見関係のないキャンプでの様々な経験を通し、
家庭や学校、そしてサッカー場面における成長が期待されている。

キャンプでその子どもの「ひきだし」を増やすとでも言いましょうか。

そんなこんなでサンフレッチェ広島は7年ほどキャンプを実施しており、
その取り組みは逆にJリーグ本体からも注目されている。

−−−
5年ほど前から僕はスタッフとして参加しているが、
本当にこのようなキャンプをたくさんの
子どもたちに経験させてあげたいと思う。
サンフレッチェの子どものみならず、日本中の子どもたちに。

子どもの柔軟なこころは、たくさんの開放系の可能性を持っている。
キャンプは本当にその可能性を引き出す機会に富んだ活動だと思う。

さらに付け加えるならば、今回のキャンプには各スクールから
コーチも来ているのだが、彼らの勉強熱心さにはいつも感心する。
自分たちとは違うスタンスで子どもと関わる我々キャンプスタッフの
言動を細かく観察し、普段のコーチングに活かそうとしている。
またサッカーとは違う場面での子どもの様子を観察している。
単なる引率で来ているのではない。

−−−

今回のキャンプにはキャンプスタッフが16名、
コーチ陣は12名、総勢38名の大人が関わっている。

経験や考え方も違いがあったり、個性があったりするが、
それでも子どもたちの未来を考える真剣さは同じだ。

最近の僕のキーワードは「大人としての責任」

 『若者に大人 の考え方を強いるのは間違いである
   しかし、経験を強要するのは義務である。』
  (Kurt Hahn:教育学者、Outward Bound School創設者)

−−−

はやいもので火曜日からは娘も幼稚園だ。
先に生まれた者の責任として、ちゃんと育てなければ。

Debu


コメント
from: よっしー   2006/04/09 9:56 PM
debuちゃんお帰りなさい(^^)。
出張お疲れ様でしたぁ〜♪
瀬戸内の似島。。。
「にじま」と読むのかな?

debuちゃんが日本中の子供たちに経験させてあげたいと思うくらいだから、とてもいい活動なんでしょうね。
う〜!参加した子供達がうらやましいです〜。

そういう活動は親以外の大人と接することができるっていうのも、いいことだと思います。
うちの子供たちもdebuちゃんやMikaちゃんみたいな素敵な大人といっぱい接して欲しいな♪

ラッキーなことにハピマムのみんながうちに遊びに来てくれるので、子供達にはとてもいい刺激になっているいます。

Lunaちゃんの入園が楽しみですね(^^)。
from: Debu   2006/04/11 12:53 AM
よっしーさん

あれは「にのしま」と言います。
広島からバスのようなフェリーで20分。

−−−
誤解されないように書きますけど、
yuーちゃんたちが参加したてぃ〜だキッズのキャンプは
決して野外教育ではありませんよ・・・ただのキャンプです。
コンセプトのコの字もありません。スミマセン。

なつかしいねー
yuーちゃんも大きくなったんだろうねー
そう言えば僕らの結婚式にも来てくれたねー

今となってはデブちゃんなんか知らんふりされるはず・・・

でも高校生か大学生くらいになったら
てぃ〜だのスタッフで来てほしいな。

コメントする