slow flow like the Tingala.....

  いわゆる、でぶろぐです
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
twitter
tidakidsをフォローしましょう fumi_tidakidsをフォローしましょう
NEW ENTRIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ラヂオ
僕はよくラジオを聞きます。

若き高校生の頃と言えば、AM深夜放送のジャンクさと怪しさは
長い夜を退屈させてくれない、刺激あふれたものでした。

大学生となり、1人で関東に住みはじめた頃、
J−WAVEというFMが、とても洗練された
TOKYOっぽいお洒落な放送局のように感じ
毎日BGMとして流していました。
朝の7時にラジオを目覚まし代わりにセットして
ジョン・川平氏の「ぐぅモォニン・トキオー!」の声で
毎朝起きていたものです。
結構頻繁にリクエストやらメッセージを送っていたので、
いろんなJ−WAVEグッズも当たりました。

沖縄に来て最初の頃、FM−OKINAWAが結構おもしろく
ロバートとシェリーのポップンロールステーションとか
超お気に入りになって欠かさず聞いておりました。

そういったラジオとの付き合いも月日が流れ、
いつの間にか年相応の番組を聞くようになっていました。
NHK−AMです。仕事帰りの車中、あー今日もよく頑張った・・・
という気持ちと、あのAMから流れるホッとするようなジングル。
夕焼けとあのジングルは最高の癒しです。
そしてまた、夜は22:00からのニュースを聞き、
1日を終えるのが日課となっています。

でもって、最近はヘルニアによる痛みがあって
夜な夜な目を覚ましてしまい、これまたNHK−AMの
「ラジオ深夜便」なる熟年向け?の放送を聞いております。
こんな深夜に、こんな番組があるのかと、
ニッポンもNHKも捨てたモンじゃないと聞いております。

でもって先日、ワールドリポートのようなコーナーがあって、
世界各地に住む日本の方から現地の様子をレポートしてもらう、
というような内容の放送を痛みに耐えながら聞いておりました。

その日は南アフリカからのリポートで、細かなことは忘れましたが
「南アフリカの赤ワインがすんごく美味しい」ということだけが
なんだか頭から離れず、自分としては珍しく何件か酒屋を探して、
やっと南アフリカ産の赤ワインを見つけました。
KWVのケープ・ルージュ。この銘柄だけありました。

これが現地特派員さんが言っていたすんごく美味しいワインか
どうだか分からないけど、798円だか結構安かったので買いました。
ともあれ、ワインなんて滅多に飲まない僕としては、
南アフリカの赤ワインならラジオに影響されてどれも美味しいはずなんです。

買ったけどすぐには飲みませんでした。
いつの日か夜中、これを1人であけて飲むんだ!と決めておりました。

そして先ほど、ほぼ満月の月を見上げながら感謝して飲みました。
そう、祝杯です。

我が家に2人目が誕生しました。
今日の17時21分、女の子です。
おかげさまで母子ともに元気です。

気にかけて下さっていたみなさま、ありがとうございます。
これからも1人増えた我が家をよろしくお願いいたします。



おいしいねぇー南アフリカの赤ワイン!
気持ちいいねぇー。

Debu
仕事で名護に行ってきました。



名護城趾の桜坂も登ったのですが、
やはり中南部よりは咲いている気がしました。

そして麓のオリオンビール工場。
今年のいちばん桜は例年以上に美味しいと思います。

・・・

親ばかで過保護で恥ずかしいのですが、毎朝娘の登校に
途中まで付き合っています。
家からその途中の場所まで、咲いている桜の木を一緒に数えました。
26本。

この2人で探して数える行為が楽しかったです。

例えばトックリキワタを数えてみようとか、イペーを数えるとか、
そんなことにはならないと思うのですが

だから桜は、何か特別な心象風景を人に与えているのだと思います。

「聞いてください、桜坂。」



Debu(夫ばか)
あいさつ運動
娘の通う小学校では、あいさつ運動と言って、毎朝、
校門前の道路に地域の交通安全指導の方や校長先生、
そして当番制で保護者が立って挨拶をするのです。

当番が回ってきたので行ってきました。

実際のところどうなのか和からなきことがあって、それは
人から挨拶されることを繰り返すと、やがて自分からすすんで挨拶するようになるのか、
あるいは逆に人から挨拶されるのを待つ受け身になってしまうのか、

ちなみに僕は学生に対しては自分からは挨拶をしません。

・・・

さて、そのあいさつ運動、やってみると楽しかったです。

必要に応じて車を止めて道路を渡らせたり、
大きい声や小さい声で挨拶してみたり、
いろんな子どもの様子を見たり、

楽しい45分でした。

で、嬉しかったのは校長先生に名前を聞かれたので
名字で答えると、娘の名前をちゃんと言ってくれました。

ふぅーん、ちゃんと1人1人を知っててくれているんだと
感心したのです。

そして名前のこともさることながら、その校長先生、
毎朝そのあいさつ運動に立っているようです。

地域の方や保護者の方は、毎朝交代なんですけど、
校長先生は毎朝です。仕事前の一仕事、
続けているってすごいことだと思います。

さておき、あいさつってやっぱりいいもんですね。

Debu



うんどーくゎい-3
娘の幼稚園からの親友の運動会に行ってきました。

さっすが新都心。今風。新しい。おされ。

音響もコンサート並みの高音質。
ト ギ レ テなんか聞こえないし、ハウリィィィィーングも全くなし。
フィナーレには福山雅治コンサート顔負けの演出も!
どっかーんって銀吹雪が吹き出た!

そして羨ましかったのは、な、な、なぁーんと、
体育着が無くて、おそろいのTシャツでした。

さっすが新都心。今風。新しい。おされ。

なんでも開校5周年だとか。

新しい学校というのは、なんだか「可能性」に開かれている気がして
那覇の外れのウチとはまた違うなぁといろいろ感じたのでした。

多くの学校で運動会があったようですね。
雨降らなくて良かったです。

Debu
さんかん、さんま
授業参観だけど行けないなぁと思っていたら、
なんだか職場の行事が入って仕事を休めることになっていました。

せいかつ の時間で、家族の紹介をしていました。
そのあと算数で計算をしていました。



45分授業とはいえ、娘にとっては気の遠くなるように長い時間だろうなと
それをずっと座っているなんて大変だろうなと感心しました。

休み時間、箍が外れるように運動場にかけていきました。

・・・

でもって、その夜は秋刀魚を焼きました。



秋刀魚の骨って、焼くとポキポキせんべいみたいで美味しいです。

・・・

さんかん も さんま も 三と間のような気がして
ダじゃれてみたのですが、参観と秋刀魚でした。

Debu
初曳き
秋休み2日目。

モノレール1日券を買って那覇へ。

まず国際通りにて旗頭行列を。



通り入り口のシーサーに陣取り、たっぷり見ました。

その後、初の那覇の綱曳きへ。
爆竹やら人混みやら、その他初○○に対しては
いつも尻込みする娘でしたが、今年はやってみるといいました。

僕も沖縄に来て13年ほど、那覇の綱曳きは初めてでした。



交通規制前でしたが久茂地交差点周辺にはすごい人で人で
綱なんか触れるかなぁと思いつつ、何となく前進していくと

いつの間にか訳のわからないまま綱の最前列にいました。



いろんな支度の最中、(ガーエーとか綱寄せとか)
肩車をされた娘はだんだんとテンションも上がっていき、
たくさんの写真を撮りまくり、大声で騒いだり、
下でこらえている僕に現状を解説し、くす玉も割られ、



娘を降ろしてから2人で先頭を曳きました。

なんだかカメラアングルが良かったようで、
スチールもテレビもいっぱい娘を撮りに来ました。

しかし結局、勝負がつかず引き分けとなったことについて
娘はえらく憤慨していました。
勝った喜びも負けた悔しさも、どちらもない!と怒っていました。
なかなかいいセンスしてるなと思いました。

僕も(カメラを意識してか)真剣に曳きすぎたようで、
終わってからどっと疲れてしまいました。筋肉痛・・・

来年はどうしようかなぁ・・・

Debu
うんどーくゎい-2
2学期制の娘の学校では秋休み。
その初日、卒園した幼稚園で運動会がありました。

卒園しても行くのは当然というような感じで、行ってきました。

成長その1>
半年ほど前にやっと自転車に乗れるようになったのですが、
運動会当日は幼稚園まで乗っていきました。

成長その2>
うんてい棒。1つ1つ、やっとこさ移動していたのに、
2段とばしであっさり移動してしまいました。



あいかわらず1>
卒園児のアメ食い競争、顔に小麦粉がかかるのが嫌ということで
スタート直前、園庭から逃げ出してしまいました。

あいかわらず2>


龍端池のがーがーとテラピアと鯉のえさやりに行きました。
弁財天堂に架かる橋の欄干修理をしていて、
池の畔から拝む人がいました。沖縄を感じました。

あいかわらず3>
運動会後、純のぜんざいを食べに行きました。


成長を感じたり、あいかわらずだったり、
楽しい1日でした。

お昼をごちそうになった皆様、ありがとう。

Debu
うんどーくゎい
娘の小学校で運動会がありました。

最近の運動会練習は、実は嫌だったようです。
かけっこでペアとなって走る子がクラス1速いらしく
どーもそれが負担になっていたようです。

そんなこんなで少しの不安を感じつつも、少し楽しみ、という
いつもの感情混じりで望んだのでした。


小学校は学校規模も小さく、当日の朝に木陰を陣取り、
あっちこっち自由に動けて「人が多くて見れない」状況もなく、
親としても実にリラックスして運動会を楽しみました。

娘もなんだかんだ言って楽しそうにしていましたし、
問題のかけっこも、さほど差がつくわけでもなく、
むしろクラスの中では絶対に速いほうなので
あとで褒めちぎっておきました。
褒めて伸ばすという、ずいぶんベタな教育をしております。



運動会の帰り、校門前のアイスをとても満足そうに食べていました。

Debu
小さい秋、と春
娘の小学校で「小さい秋を見つけよう」という宿題が出されたようです。

なんとなく秋の気配は感じているものの、それを具体化して示すのは
けっこうと難しく、面白くもあります。

娘は真っ先に、ムーチーの実を。



僕は葛の花を。



ただの邪魔なツルだと思って、夏の間は刈り取ったりもしますが、
秋になってこの花を付け、そしていい香りを放つと、
いいもんだと思います。くず餅はどうやって作るのかね?・・・

・・・

なーんて秋探しをいろいろして遊んだ後、
ちょっと仕事で職場に行くことになって娘も連れて行ったら・・・





なんと、桜です。親子で大興奮。

娘はその日の日記に秋探しのことでなく、桜を書いていました。

Debu
特別でない一時
娘と、娘の親友家族と、妻の実家近くの海で。







いつも通り、普段通りの時間。
いい仲間がいてよかったね。



Debu